コラム・連載・特集

イカ編 <6> 生かして売る ブランド維持へ復調願う

2020/9/3 9:47
イカ釣りの針を手入れする一木さん

イカ釣りの針を手入れする一木さん

 「須佐男命(みこと)いか」ブランドで知られる萩市須佐で、イカ釣りに帽子は必需品か聞いてみた。「いいや」。須佐一本釣船団長の一木(いちき)清久さん(67)はけげんな顔をした。
(ここまで 87文字/記事全文 834文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

漁の最新記事
一覧