議会watch

一般質問 16日の詳報

広島市議会2020/9/16 22:34

 【母谷龍典氏(自民党市民クラブ、佐伯区)】

 ●サッカースタジアム建設について

 にぎわい拠点として2024年の開業は遅れてはならない。今後のスケジュールは。県市の費用負担の割合の調整は進んでいるか。

 中村純都市整備局長 20年度一般会計補正予算案が可決されれば、10月中に設計建設を担う民間事業者の公募を始める。建築やまちづくりの専門家でつくる審議会が、広島らしさやにぎわい創出を評価し、来年3月中に事業者を決める。21年度に設計し、22年度以降に建設を進める。

 県市の1対1の負担割合は完全合意していないが、県全体の活性化につながるとの観点で作業を進め、県にも理解を深めてもらう。県市とも21年度当初予算に計上できるよう取り組む。

 【平野太祐氏(自民党保守クラブ、西区)】

 ●市立高校への音楽専門の学科やコースの設置


 市内では私立の広島音楽高(西区)が2017年に休校となり、音楽の専門教育を受ける高校がない。音楽家を志す高校生の選択を広げるために設置してはどうか。市が掲げる「音楽のあふれるまちづくり」の関連からも重要ではないか。

 糸山隆教育長 21年度に(高校教育の基本方針を示す)市ハイスクールビジョンと推進プログラムの見直しをする。市立学校への新学科やコースの設置は検討課題の一つになる。高校入学を控える中学生のニーズを把握し、卒業後の進路先となる大学や地元音楽団体との連携、設置や運営にかかる経費などを踏まえて多面的に検討し、見直しを進めたい。

 【西田浩氏(公明党、安佐北区)】

 ●避難所開設ボランティアへの保険適用について

 地域の自主防災組織のボランティアが避難所の開設時にけがをしたが、市が保険料を負担する「市民活動保険」の適用外だと分かった。なぜか。早急に保険や救済の制度を設けるべきではないか。

 政氏昭夫市民局長 市民活動保険は、公共目的の活動中に他人の物を壊したり、けがをしたりした場合に補償する。あらかじめ特定の日に予定していた活動が対象で、災害発生に伴う避難所の開設の場合、事前に日を特定できないため対象外となってしまう。

 岩崎学危機管理担当局長 そうした事態への配慮が不足していた。他都市の制度も確認しながら、早急に改善する。

 【桑田恭子氏(市政改革ネットワーク、佐伯区)】

 ●旧広島大理学部1号館の保存・活用について

 広島大跡地(中区)の旧理学部1号館は、広島大と広島市立大が平和研究機関の移転を決めたが、市が昨年度中に策定予定だった基本計画は示されていない。被爆建物としてどう保存し、何に取り組むのか。

 松井一実市長 広島ならではの共同研究など、組織の枠を超えた取り組みについて調整している。ヒロシマの心を世界に広げる新たな拠点としたい。

 中村都市整備局長 両大学と施設計画や運営体制、役割分担を協議している。基本計画はできるだけ早く策定したい。建物の劣化で概算工事費は当初想定より増える見込み。保存範囲や方法、日程などと併せ、基本計画で示したい。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

広島市議会の最新記事
一覧

  • 総括質問 22日の詳報 (2/23)

     【碓氷芳雄氏(公明党、安佐南区)】 ●本川小と袋町小の平和資料館の管理運営 両小の平和資料館は教育委員会の所管。学校の負担になってないか。平和行政を所管する市民局が管理運営し、見学者が一層満足できる...

  • 総括質問 19日の詳報 (2/20)

     【近松里子氏(共産党、中区)】 ●新型コロナウイルス対策 減収に苦しむ中小企業にさらに支援策を講じるべきだ。感染の不安と闘う看護師の手当てを増額し、国にも慰労金の支給を求めるべきではないか。 日高洋...

  • 総括質問 18日の詳報 (2/19)

    【宮崎誠克氏(自民党市民クラブ、佐伯区)】 ●市営基町駐車場(中区)周辺の再開発事業 市中心部の活性化を先導する事業として期待が大きい。基町駐車場と商工会議所ビル(中区)の財産交換はどのように進めるの...

  • 一般質問 10日の詳報 (12/11)

     【川本和弘氏(公明党、安佐南区)】 ●ひろしま西風新都推進計画の見直し 西風新都(安佐南区、佐伯区)の都市づくりの基本方針「西風新都推進計画」では、災害時に避難場所などとして活用できる物流施設を住宅...

  • 一般質問 9日の詳報 (12/10)

     【岡村和明氏(市民連合、南区)】 ●図書館と科学館のリニューアル 設立46年の広島中央図書館(中区)はデジタル化への対応が課題だ。電子資料も利用できるハイブリッド図書館にしてはどうか。こども文化科学...