議会watch

一般質問 17日の詳報

広島市議会2020/9/18 9:31

 【藤井敏子氏(共産党、安佐南区)】

 ●核兵器禁止条約の発効について

 2017年に国連で採択された条約の批准国は44カ国となり、条約発効まであと6カ国となった。市長は発効の意義をどう受け止めているか。

 松井一実市長 核兵器のない世界の実現を目指すために不可欠な条約だ。世界中の市民社会がヒロシマの心を共有するための国際的な枠組みであり、重要な一里塚。発効が近づいたのは、被爆者や平和首長会議の加盟都市などの尽力のたまものだ。

 核保有国や「核の傘」の下にある国は条約批准に反対しているが、8千に迫る加盟都市と連携して平和構築の大きな潮流を作り、為政者に政策転換を強力に迫る環境づくりを進める。

 【山内正晃氏(市民連合、安佐北区)】

 ●西日本豪雨からの復旧、復興

 豪雨災害から2年2カ月が経過したが、復旧事業は道半ばだ。今後の見通しはどうか。市のホームページ(HP)で復旧事業の進み具合を示しているが、全体の状況がつかみにくい。

 松井市長 道路や河川の復旧工事344カ所のうち、8月末現在で約8割に当たる270カ所に着手した。このうち142カ所は工事を終えた。残る74カ所についても、国補助金の確保に努めて早期完了に全力で取り組む。

 油野裕和下水道局長 現在、HPの地図上に事業箇所ごとに載せている情報の一覧表を作成する。事業全体の総括的な進捗(しんちょく)状況も示すよう改善する。

 【水野考氏(自民党市民クラブ、安佐南区)】

 ●過大規模校での良好な教育環境の確保

 児童、生徒の急増で規模が過大な学校の教育環境は良好とはいえない。祇園中(安佐南区)と祇園小は施設の狭隘(きょうあい)化が顕著だ。どう改善するか。

 糸山隆教育長 祇園中は8月に校舎を増築した。体育館と武道場、特別教室を重層的に整備し、空いた敷地にバレーボールコートを移すなどして運動場を広げる。通学しやすさなどで進学する中学校を選べる制度を継続し、祇園中のクラス増加を抑えたい。

 祇園小では、新校舎の建築も検討する。2021年度から祇園小など6小学校に入学予定の新1年生を対象に、希望すれば空き教室のある隣接校に入学先を変更できる制度も導入する。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

広島市議会の最新記事
一覧

  • 総括質問 22日の詳報 (2/23)

     【碓氷芳雄氏(公明党、安佐南区)】 ●本川小と袋町小の平和資料館の管理運営 両小の平和資料館は教育委員会の所管。学校の負担になってないか。平和行政を所管する市民局が管理運営し、見学者が一層満足できる...

  • 総括質問 19日の詳報 (2/20)

     【近松里子氏(共産党、中区)】 ●新型コロナウイルス対策 減収に苦しむ中小企業にさらに支援策を講じるべきだ。感染の不安と闘う看護師の手当てを増額し、国にも慰労金の支給を求めるべきではないか。 日高洋...

  • 総括質問 18日の詳報 (2/19)

    【宮崎誠克氏(自民党市民クラブ、佐伯区)】 ●市営基町駐車場(中区)周辺の再開発事業 市中心部の活性化を先導する事業として期待が大きい。基町駐車場と商工会議所ビル(中区)の財産交換はどのように進めるの...

  • 一般質問 10日の詳報 (12/11)

     【川本和弘氏(公明党、安佐南区)】 ●ひろしま西風新都推進計画の見直し 西風新都(安佐南区、佐伯区)の都市づくりの基本方針「西風新都推進計画」では、災害時に避難場所などとして活用できる物流施設を住宅...

  • 一般質問 9日の詳報 (12/10)

     【岡村和明氏(市民連合、南区)】 ●図書館と科学館のリニューアル 設立46年の広島中央図書館(中区)はデジタル化への対応が課題だ。電子資料も利用できるハイブリッド図書館にしてはどうか。こども文化科学...