コラム・連載・特集

呉、新庄にコールド負け 「ちぐはぐだった」センバツ絶望的に 秋季広島県高校野球

2020/9/26 16:44
【呉―新庄】2回戦で敗退し、あいさつに向かう呉ナイン

【呉―新庄】2回戦で敗退し、あいさつに向かう呉ナイン

 秋季広島県高校野球大会第3日は26日、尾道市のしまなみ球場などで2回戦があった。呉は新庄に2―9で八回コールド負け。2017、19年に続く選抜大会出場は絶望的となった。

 「ちぐはぐだった」と中村信彦監督。5点を追う三回に3連打で2点をかえしたが、先発石野航多が粘れなかった。「集中力が欠けてしまった」と八回までに16安打を浴びて9失点。持ち味の守備にもほころびが出て、8安打を放ちながらも追い上げられなかった。

 尾道商などを甲子園に導いた65歳の指揮官は「やっぱり守備。穴があると、力のあるチーム相手には倍返しされる」とため息をついた。監督の孫で、先発マスクをかぶった1年中村爽太郎は「甲子園に行きたい気持ちはじいちゃんと同じ。一球一球、集中力を高めていきたい」と成長を誓った。

【関連記事】

広島商、3投手が無失点リレー 「しのいで勝てたのは自信」 26日の秋季広島県高校野球

この記事の写真

  • 【呉―新庄】8回を投げきった呉の石野
  • 【呉―新庄】二回、大可の適時二塁打で4―0とし、生還した平田(9)を迎え入れる新庄ナイン
  • 【呉―新庄】二回、新庄1死二塁、石野の暴投で二塁走者大可が生還し、5ー0とする

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 戦績の最新記事
一覧