コラム・連載・特集

選手起用はまった高陽東が逆転劇で武田破る 秋季広島県高校野球

2020/9/26 19:00
【武田―高陽東】七回、高陽東2死二、三塁、伊藤の適時打で二塁走者前田が生還。5―2とする

【武田―高陽東】七回、高陽東2死二、三塁、伊藤の適時打で二塁走者前田が生還。5―2とする

 26日に尾道市のしまなみ球場であった秋季広島県高校野球大会2回戦で、高陽東が武田を5―4で破り、今夏の県ベスト4対決を制した。

 高陽東は選手起用がぴたりとはまり、七回の逆転劇を呼び込んだ。沖元茂雄監督は「七回まで2点差以内ならOKと言っていた。イメージ通りだったけどできすぎ」と汗を拭った。

 投手陣の話し合いで先発した風呂本龍が序盤を最少失点で切り抜けると、三回途中からは前田誠佐が武田の強打線をかわした。1―2で迎えた七回。3四死球で満塁とし、前田が「自分を楽にしたかった」と左中間を破る2点二塁打。伊藤翼も適時打で続き、今度は3点のリードを奪った。

 1回戦は控えだった三塁松本翔馬主将を中心に堅実に守り切り、最後は歓喜に沸いた。攻守の合間はベンチ前で盛り上がり、勢いを付けた高陽東ナイン。松本主将は「このチームははまるとすごい。野球を楽しめた」と満足そうだった。

【関連記事】

広島大会の結果とイニング速報

広島商、3投手が無失点リレー 「しのいで勝てたのは自信」 秋季広島県高校野球

呉、新庄にコールド負け 「ちぐはぐだった」センバツ絶望的に 秋季広島県高校野球

秋季広島大会地区予選の組み合わせ決まる

この記事の写真

  • 【武田―高陽東】七回、高陽東2死満塁、前田が左中間へ適時二塁打を放ち、3―2と逆転する
  • 【武田―高陽東】武田の先発出原

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 戦績の最新記事
一覧