コラム・連載・特集

新庄、西条農破り2年連続で決勝へ 秋季広島県高校野球

2020/10/3 12:12
【西条農―新庄】五回、新庄2死二塁、大可の適時打で二塁走者北田(左)が生還し、2―0とする。捕手福井

【西条農―新庄】五回、新庄2死二塁、大可の適時打で二塁走者北田(左)が生還し、2―0とする。捕手福井

 秋季広島県高校野球大会第5日は3日、三次市のみよし運動公園で準決勝があり、新庄が西条農を8―1で下し、2年連続で決勝進出を決めた。

 新庄の先発花田侑樹が、3試合連続コールド勝ちと勢いに乗っていた西条農打線を、散発5安打に押さえ込んだ。「とにかく甘いコースにだけは投げないように意識した」。力強い速球を主体に投球を組み立てて1失点完投。宇多村聡監督も「予想以上。本当によく投げてくれた」とたたえた。

 新庄は来春の選抜大会の参考資料となる秋季中国地区大会の切符もつかんだ。大可尭明主将は「まずは次の試合をしっかり勝ち、広島県の1位として中国大会に行きたい」と見据えた。

決勝相手は盈進、広島商破る

この記事の写真

  • 【西条農―新庄】先制のホームを踏んだ平田(9)を出迎える新庄ナイン
  • 【西条農―新庄】マウンドに集まる西条農ナイン

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 戦績の最新記事
一覧