コラム・連載・特集

【激震 元法相夫妻公判】克行被告「総理から」 海徳広島市議、現金違法と認識

2020/10/13 23:20
海徳裕志広島市議

海徳裕志広島市議

 昨年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で公選法違反罪に問われた河井案里被告(47)=参院広島=の第18回公判があった13日、証人尋問に立った自民党の海徳裕志広島市議(60)=安佐南区=が、案里被告の夫克行被告(57)=衆院広島3区=から受け取った計50万円の違法性を認めた。「これ、総理からと言われて受け取った」とも証言。現金の受領後、案里被告の応援をしていたことも明らかにした。

 ▽どう喝され会話録音

 海徳市議は昨年3月下旬に受け取った1回目の30万円について「『これ、(安倍晋三前)総理から』と言われて、封筒を渡された」と説明。昨年6月1日にも20万円入りの封筒を受け取ったと述べた。いずれも違法と認識したとする一方で、「首相補佐官も歴任したベテラン議員の克行被告に断る勇気がなかった」と釈明した。50万円は個人的な支払いに充てたという。

 地元の安佐南区が被災した広島土砂災害(2014年)の慰霊祭が18年に営まれた際、来賓扱いにしなかったとして克行被告から「国会議員を敵に回したらどうなるか」とどう喝されたとも証言。そのため、6月1日は妻を同席させ、ICレコーダーで会話を録音したという。

 ICレコーダーは検察に自ら提出し、この日の法廷で再生された。克行被告が現金を渡して帰った後、「絶対に1億、2億(円)来とるで、安倍さんかどっかから」と妻に話す海徳市議の声も法廷で流された。

 参院選は、いずれも自民党で現職の溝手顕正氏と新人の案里被告による党分裂選挙。克行被告からは、案里被告を応援する選挙はがきの宛名書きや、地元の病院理事長との面会、若い有権者との懇親会開催を頼まれたという。海徳市議は溝手氏を応援していたが、同7月4日の参院選公示前に、克行被告から依頼された選挙はがきの記入を同僚議員に頼んだり、理事長の面会を事務長に依頼したりしたと説明。懇親会は6月9日に開き、案里被告も遅れて参加したという。

 「私は現金をもらったことを後悔し、反省している。克行被告には全てを明らかにしてもらいたい」。検察官からICレコーダーを提出した理由を問われた海徳市議はそう強調した。

 ▽案里被告が号泣 「主人の無礼許して」

 参院選広島選挙区の大規模買収事件で13日にあった河井案里被告の公判で、海徳裕志広島市議の証言を聞いた案里被告が号泣し、「主人のご無礼を許してください」と声を掛ける一幕があった。

 海徳市議は公判で、案里被告の夫の克行被告から計50万円を渡されたと証言。違法と認識していたが、以前にどう喝された経験があり、現金を拒否できなかったなどと経緯を説明した。

 その後、案里被告が声を震わせながら泣き始め、ハンカチで目元をぬぐった。今後の審理を巡る協議のため、一時休廷となり、案里被告がいったん退廷する時に「主人のご無礼を許してください」と泣きながら海徳市議に語り掛けた。

 公判は約1時間後に再開。弁護人は「見苦しい姿を見せてしまい、申し訳ないと話している」と案里被告の言葉を代弁した。

【詳報・案里被告第18回公判】(10月13日)
海徳広島市議証言<1>「これ総理から」と渡された
海徳広島市議証言<2>どう喝される可能性あるので第三者呼んだ
海徳広島市議証言<3>知人に声掛け案里被告囲む会開いた
海徳広島市議証言<4>無理難題を言われる可能性あるので録音した
海徳広島市議証言<5>(レコーダー文字おこし)正確性に間違いない
再生された主な音声「案里はかわいがってくださいよ」

【関連記事】
「大変です。助けて」「安佐南で票出んと」 河井夫妻事件公判、克行被告の音声再生
【激震 元法相夫妻公判】30万円の返却拒まれる 高山県議証言、初のビデオリンク
二階幹事長が広島県議証言否定 「案里被告が幹事長から預かった」
「受領」全議員が役職外れる 自民党広島県連の新体制決まる

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

河井夫妻買収事件公判の最新記事
一覧