コラム・連載・特集

政党が読む芝目、潮目

2020/11/15 6:31

 昔、週末は芝刈りだという友人がいた。大変だねと返すと、ゴルフだよと笑われた。うまいことを言うものだ。メジャー大会マスターズでは日本人選手が好調らしい。刺激を受けて秋空の下、きょう芝を刈る人も多いのだろう▲健康増進へ気軽にプレーできるよう、ゴルフ場利用税の撤廃を訴える―。立花孝志氏が党首を務める政党名を、ゴルフ党(NHKから国民を守る党)に変えるという。新しい看板が、支持を集めると芝目を読んだのか▲こちらは党首が一人、党名を守り抜く。きのう社会民主党が臨時大会を開いた。ここらが潮目と、立憲民主党への合流を望む国会議員らを容認すると決めた。事実上の分裂。残るのは福島瑞穂党首だけになりそう▲かつて自民党と張り合った社会党が前身。60年前、浅沼稲次郎委員長が演説中に刺殺される事件も起きた。土井たか子委員長時代は参院選で自民党に勝利。「山が動いた」ものの党勢は徐々に衰え、党名を変えていた。歴代委員長は何を思うだろう▲護憲の「老舗」は党本部を縮小し、移転してきた。片や、自民党はきょう結成65年を迎える。再び比肩できる日は来るか。「ミニ政党」からの巻き返しが注目される。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧