コラム・連載・特集

マラドーナの背丈

2020/11/27 6:34

 「たられば」の話も、フランスの哲学者パスカルくらいになると後世に伝わる。〈クレオパトラの鼻。もしそれがもう少し小ぶりだったら、地球の表情は一変していたことだろう〉(「パンセ」塩川徹也訳、岩波文庫)▲この人の背があと10センチ高ければ、サッカーの歴史は違っていたかもしれない。数々の神業で「小さな巨人」と呼ばれた元アルゼンチン代表マラドーナさん。訃報が地球の裏側から届いた▲身長165センチ。小気味よい動きと鋭い勘で、大柄な欧州勢を置き去りにした。極め付きが、あの「5人抜き」である。太い眉やちゃめっ気とも相まって、小太りの体形に親近感を覚えていた当方は痛快そのものだった▲サッカー界には、長身でない選手が名を残してきた潮流が脈々とある。「王様」ペレさんしかり、「史上最高」との呼び声高いメッシ選手しかり。野球やバスケットボールなどと違って、ボールが地べたの近くを行き来する時間が長いからだろうか▲Jリーグでも神業に憧れた選手は数え切れまい。53歳で現役の三浦知良選手に、元サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手…。毀誉褒貶(きよほうへん)の激しいマラドーナさんの晩節には「たられば」を言わないでおく。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧