コラム・連載・特集

「燃やすしかない」ごみ

2020/12/2 6:37

 忘れられない、あなたが…。ささやかれた日には、どんな気分になるのだろう。忘れたくてもままならぬ切なさが染みてくる。こんなのもある。あなたを忘れない―。「忘れられない」と2字違うだけで、こちらは揺るぎない意志が伝わる▲言い回し一つで、相手の心を動かすこともある。そんな言葉の「魔力」を借りる試みなのだろうか。福岡県柳川市では可燃ごみの呼び方を今後、「燃やすしかないごみ」に改めるという▲分別ルールが行き渡らず、可燃ごみの指定袋に7割近く、資源ごみに回せる物が交じるらしい。特に目立つのがプラスチックごみ。とがめると「プラごみは燃えるよね」と言葉が返ってくるそうだ▲市は可燃ごみの袋を値上げし、資源ごみの方は値下げして分別徹底の呼び水にする。「燃やすしかない」の文句と相まって、思い直す糸口になればいい。リサイクルでもうひと働きさせられないか、と。小泉進次郎環境相も「発想がユニーク」と昨日、市長に電話してきたと聞く▲周りが気をもみ、あれこれと迫っても、本人にその気がない限りは始まらない。食指を動かし、腰を上げさせるには、心に火を付ける言葉を探すのが先かもしれない。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧