コラム・連載・特集

はやぶさ2の「宝箱」

2020/12/7 6:39

 経済には陰りが見え、借金も増える一方だし、せめて災害は起きませんように…。出発を見送った6年前、当欄はそんな願いをつづっている。長旅から戻った「はやぶさ2」は上空から眺めた地球の変わりように驚いただろう▲新型コロナという「災害」が世界を覆い、生命を奪う。あちこちで分断が進み、経済も冷え込んでいる。6年の間に危機的な状況の星になってしまった。でも成し遂げてくれた偉業に、私たちも少し元気づけられそう▲回収された「宝箱」は「タイムカプセル」でもある。小惑星りゅうぐうに人工クレーターを作って、地下から採取した砂が入っている。40億年以上前、太陽系が生まれた頃のままの砂。何を物語るだろう▲太陽系の成り立ちを知るヒントのほか、生命の起源という謎を解く鍵が手に入るかもしれない。もしアミノ酸が見つかって地球のものと一致すれば、生命のもととなる物質は小惑星がもたらしたということになろうか▲生命の神秘を思い、慈しむ。そんなきっかけを得たのだから、戦争などの愚かしい行為を改めよう。「お疲れさま」とねぎらいたいが、地球からもう何十万キロも遠ざかり次の小惑星へと向かう。どうか達者で。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧