コラム・連載・特集

克行被告の10万円でパチンコ 青原元安芸高田市議「ラッキーと思った」

2020/12/9 12:04
青原敏治元市議

青原敏治元市議

 昨年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、公選法違反罪に問われた元法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=の第18回公判が9日、東京地裁であった。検察側は、克行被告から10万円を受け取ったとされる青原敏治元安芸高田市議(70)の供述調書を朗読。青原元市議が「(10万円をもらえて)ラッキーだと思った。大好きなパチンコに使った」と供述していたことを明らかにした。

 青原元市議は今年6月26日に記者会見し、現金の授受があったことを公表。昨年6月8日に克行被告が自宅を訪れ、妻の案里被告(47)=参院広島=のチラシが入った封筒を差し出し、票の取りまとめを依頼してきたとした上で、自身は封筒に現金10万円が入っているのに気付かず、中身を確認しないまま参院選後に封筒を燃やしたと説明していた。7月17日、市民に迷惑を掛け、混乱を招いたとして市議を辞職した。

【関連記事】

現金受け取った市議「まさか表面化するとは」

克行被告「なんで検察官を向くんだ」と非難 案里被告秘書の証言中

自民党本部、河井夫妻を特別扱い 1日7500万円、夫妻だけの交付日も

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

河井夫妻買収事件公判の最新記事
一覧