コラム・連載・特集

【ヒバゴン50年写真集】これが類人猿の足あと

2020/12/14 15:00
庄原市西城町油木の山中で見つかった謎の足跡。現地では当時、レジャー施設「広島県立県民の森」の造成が進んでいた(1970年10月8日掲載)

庄原市西城町油木の山中で見つかった謎の足跡。現地では当時、レジャー施設「広島県立県民の森」の造成が進んでいた(1970年10月8日掲載)

 中国新聞社には「ヒバゴン出没」が世間を騒がせた当時の地域の様子を撮影した写真が数多く残る。半世紀前の類人猿騒動を写真で振り返る。

【ヒバゴン50年】

あの頃、里山に探検隊や報道陣がどっと来た

謎の類人猿「愛されキャラ」に変身

これが騒動の発端 1970年の記事再録

この記事の写真

  • 庄原市西城町の山中。残雪に謎の足跡が残っていた(1972年4月7日掲載)
  • ヒバゴン捜索を前に、山中で夕食を囲む神戸大の学生たち(1970年10月11日掲載)
  • 庄原市西城町の比婆山にキャンプを張ってヒバゴンを捜索する神戸大の学生たち(1970年10月3日掲載)
  • 西城町役場には「類人猿相談係」が置かれ、職員が目撃情報やマスコミへの対応に追われた(1975年3月4日掲載)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ヒバゴン50年の最新記事
一覧