コラム・連載・特集

決別 金権政治

【解説】説明責任果たせ 【決別 金権政治】

2020/12/12 1:09

 自民党広島県連会長の宮沢洋一氏側が県議11人に政治活動費を渡した時期は、2019年7月の参院選の後なのか前なのか。一部で双方の説明が食い違う。政治とカネに厳しい目が向けられる中、政治資金収支報告書に事実と違う記載があったとすれば、政治不信はさらに高まる。

 20万円を受け取った県議11人の領収書の日付はすべて11月18日となっている。しかし、県議を取材すると、実際の受領日とずれが出ている上、宮沢氏の事務所が領収書を用意して県議側に提供し、返送してもらうこともあったという。政治家の資金の動きを正確に記録し、有権者に「見える化」するための制度が骨抜きになってはいないか。
(ここまで 286文字/記事全文 498文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

決別 金権政治の最新記事
一覧

  •  2019年夏の参院選で河井克行、案里夫妻が100人に計2901万円を配ったとされる買収事件では、選挙に絡んだお金のやり取りが浮き彫りとなりました。令和の時代も変わらない「金権選挙」。皆さんの地域でも耳にしたこと、目にしたことはありませんか。体験、情報、意見をぜひお寄せください。(中国新聞「決別 金権政治」取材班)

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください

    専用フォーム

    こちらから投稿ください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班

    ファクス

    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班
    082-236-2321

 あなたにおすすめの記事