コラム・連載・特集

【激震 元法相夫妻公判】克行被告公判、18日も中止

2020/12/17 23:30
河井克行被告

河井克行被告

 東京地裁は17日、昨夏の参院選広島選挙区の大規模買収事件で公選法違反罪に問われた元法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=の18日の公判を取り消すと発表した。弁護人7人のうち1人が新型コロナウイルスに感染していたため。

 18日は、克行被告から30万円を受け取ったとされる佐藤一直広島県議(46)=広島市中区=の証人尋問が予定されていた。関係者によると、尋問は来年に延期される見通しという。

 地裁は16日、弁護人の感染を受け、同日の公判を急きょ取り消した。年内で期日が組まれている21、24、25日の開廷の可否は「未定」としている。

 地裁は「法廷に居合わせた人の中で他の弁護人を除き、濃厚接触者はいない」と保健所から連絡を受けたことも明らかにした。地裁は今後、弁護団から濃厚接触者の有無などの報告を受けて公判の再開時期を判断するとみられる。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

河井夫妻買収事件公判の最新記事
一覧