コラム・連載・特集

克行被告元秘書、1年6月求刑 弁護側、無罪主張

2020/12/21 23:23

 衆院議員の河井克行被告(57)=公選法違反罪で公判中=の妻案里被告(47)=同=が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区で、法定上限を超える報酬を車上運動員14人に支払ったとして同法違反(買収)の罪に問われた克行被告の元政策秘書高谷真介被告(44)=東京都葛飾区=の第8回公判が21日、広島地裁であり、検察側は懲役1年6月を求刑した。弁護側は無罪を訴え、結審した。判決は来年2月16日に言い渡される。

 検察側は論告で、高谷被告は陣営を仕切る克行被告の右腕的存在で「実質的なナンバー2の立場にあった」と指摘。共謀したとされる案里被告の立道浩公設第2秘書(55)=同法違反罪で懲役1年6月、執行猶予5年が確定=らに、選対本部の方針として法定上限を超える1日3万円と伝えるなどし「違法報酬の支払いと密接に関連する重要な行為を自ら行っており、犯行に不可欠で重要な役割を果たした。選挙の公正を害した程度は著しく、厳正な処罰が必要」と断じた。

 一方、弁護側は関係者の証言は信用性に欠けるとし「選対本部の方針として1日3万円を支払うことが確定した時期も経緯も何ら立証されていない。報酬額の決定や支払いへの実質的関与は全くない」と無罪を主張。高谷被告は最終意見陳述で「何が真実なのかを精査し、公平で公正な判断をお願いする」と訴えた。

 起訴状によると高谷被告は政策秘書だった昨年7月19〜23日、立道秘書らと共謀し、車上運動員14人に公選法の上限を超える報酬計204万円を渡した疑い。

【公判の詳報】
検察側の論告<1>
検察側の論告<2>
検察側の論告<3>
弁護側の最終弁論<1>
弁護側の最終弁論<2>
弁護側の最終弁論<3>
弁護側の最終弁論<4>
被告の最終意見陳述

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

河井夫妻買収事件公判の最新記事
一覧