コラム・連載・特集

決別 金権政治

【決別 金権政治】広島県地方議員アンケート特集<5>買収事件の教訓 7割「議員の意識改革を」

2021/1/14 20:01

※次のページがあります(項目クリックで各ページへ)。

<1>選挙のカネ 6割以上が「金がかかる」
<2>国会議員との関係 交付金など受領「ない」9割
<3>当選祝い・陣中見舞い 多くが議員同士のやりとり「なし」
<4>法改正 政治資金規正法・公選法「ともに必要」5割
<5>買収事件の教訓 7割「議員の意識改革を」
<番外>国会議員アンケート

【問34】広島県内ではかつて、故藤田雄山前知事の陣営が知事選で県議らに「対策費」を配ったとされる買収疑惑がありましたが、2019年の参院選で大規模な買収事件が起きてしまいました。河井夫妻の責任問題のほかに、どういう対応が必要と考えますか(三つまで選択可能)


 ▽被買収者の辞職求める声も6割

 広島県では15年前にも、故藤田雄山前知事の知事選で当時の県議らに「対策費」が配られたとの買収疑惑が浮上。県政界が大揺れになる苦い経験をしたのに、今回再び、参院選を舞台に大規模買収事件が起きた。この事件で公選法違反罪に問われている元法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=と妻案里被告(47)=参院広島=の責任問題のほかに、どういう対応が必要かを尋ねた。

 設問では、七つの選択肢の中から三つまで選んでもらった。最も多かったのは「選挙の際にはカネのやりとりが当然と考える国会議員、地方議員の意識の改革」で、7割超の317人が選んだ。
(ここまで 563文字/記事全文 2386文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

決別 金権政治の最新記事
一覧

  •  2019年夏の参院選で河井克行、案里夫妻が100人に計2901万円を配ったとされる買収事件では、選挙に絡んだお金のやり取りが浮き彫りとなりました。令和の時代も変わらない「金権選挙」。皆さんの地域でも耳にしたこと、目にしたことはありませんか。体験、情報、意見をぜひお寄せください。(中国新聞「決別 金権政治」取材班)

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください

    専用フォーム

    こちらから投稿ください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班

    ファクス

    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班
    082-236-2321

 あなたにおすすめの記事