コラム・連載・特集

【こちら編集局です】広島県、コロナ集中対策再延長 感染防止強化に理解 時短効果疑問視も

2021/1/14 22:39

 広島県が14日、新型コロナウイルスの集中対策期間を2月7日まで再延長する方針を決めた。広島市で国の緊急事態宣言の対象地域に準じた対策を講じ、飲食店への営業時間短縮の要請エリア拡大など、従来より強化する意向だ。編集局が無料通信アプリLINE(ライン)でつながる読者に受け止めを尋ねると、再延長に肯定的な意見が多く寄せられた。判断のタイミングや実効性を疑問視し、さらなる対策の充実を求める声も目立った。

 県は昨年12月12日、独自の集中対策を始めた。期間は当初、今月3日までだったが、感染者が高止まりしているため17日まで延ばした。今回で2度目の延長となる。安佐北区の男性(66)は「効果の上がった対策を継続、強化することに賛成する」。西区の会社員女性(54)も「一時期に比べると感染者は減ったが、対策を緩めると元に戻りそう」と再延長に理解を示した。

 一方、廿日市市の男性(69)は「2月7日までに感染が収まるとは思えない。中途半端だ」と強調。安佐北区の男性(68)も「だらだらと生殺しの状態が続いている感じがする」とつづった。同区の自営業女性(59)は「医療や介護の現場に関わる人たちのことを思えば、判断が遅い」と批判した。

 今月18日以降、飲食店の時短要請の対象エリアは、これまでの広島市中心部から市全域に広がる予定だ。「飲食店の経営者には気の毒だが、感染防止対策を徹底した方がいい」と福山市の70代男性。佐伯区の主婦(55)は「申請方法を簡略化し、先に協力金を渡して休業してもらう形にしてはどうか」と提案した。

 「できる限りの対策を取っている店からすれば、問題があるのは客の行動」と指摘したのは三原市の医療従事者女性(57)。安佐南区の主婦(40)も「飲食店がいくら頑張っても、利用客のモラルに全てかかっている」と同様の意見を寄せた。感染経路の根拠が乏しいとし、飲食店の時短の実効性を疑問視する声もあった。

 県は、広島市内の運動施設や映画館、美術館、図書館などにも時短を働き掛ける方針でいる。西区のパート女性(60)は「図書館や美術館など、会話がほとんどない場所では通常通り開館してもいいのでは」との考えを寄せた。

 また、広島市を含む県全体で出勤者の7割減を求めることに困惑する声も目立った。鉄工所に勤める呉市の男性(54)は「現場や会社でなければ仕事ができない人はどうすればいいのか」。佐伯区のパート女性(48)は「現実的ではないと思う。大まかでもいいので、業種別に削減目標を打ち出してほしい」と求めた。 

【関連記事】

広島県、感染減へ「先手」 広島市全域に時短要請、理解と協力が鍵

広島県集中対策期間再延長 広島市内飲食店、受け止め交錯

PCR希望者は無料、広島市の中・東・南・西区 新型コロナ

時短、喫茶やカラオケも 広島県が集中対策再延長 出勤者7割減促す

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報