コラム・連載・特集

【ヒロシマの空白】街並み再現 流川・薬研堀、盛り場の絆

2021/1/17 20:33
東券番の前に並ぶ木村潤一さん(前列左から5人目)たち。皇太子(現上皇さま)生誕記念の奉祝行事とみられる。「広島藝妓共同組合」の木札も見える(1934年ごろ撮影、木村潤造さん提供)

東券番の前に並ぶ木村潤一さん(前列左から5人目)たち。皇太子(現上皇さま)生誕記念の奉祝行事とみられる。「広島藝妓共同組合」の木札も見える(1934年ごろ撮影、木村潤造さん提供)

 広島市中区の流川・薬研堀周辺は戦前、盛り場や商店、遊郭が並ぶにぎやかな一角だった。原爆で焼け野原となった後、復興が進む中でネオン街へと変貌した。ゆかりの人から寄せられた写真を通し、街の記憶をたどる。

 普段は昼間でも往来がある薬研堀地区だが、新型コロナウイルス禍の今はひっそりしていた。「ここにおやじがいたんですね。全く想像できないなあ」。今月初旬、木村潤造さん(76)=廿日市市=は、芸妓(げいぎ)と料亭の仲立ちをする「東券番」の跡地を初めて訪れた。父・潤一さんが営んでいた。

 1945年8月6日に被爆死した父のなりわいを知ったのは、6年ほど前。親戚から譲り受けた遺品のアルバムがきっかけだった。

 古びた写真には34年2月に開かれた皇太子(現上皇さま)の生誕を祝う行事に参列する父の姿や、華やかな着物をまとった芸妓たちが写る。1歳で死別した父の生きた世界がそこにはあった。以来、関連資料を収集し、写真と戦前の地図を照らし合わせながら、父の面影を追っている。

 広島原爆戦災誌に、潤一さんの名を見つけた。「芸者一九〇人、舞妓(まいこ)一〇人ばかりいた」ことや、戦争中は券番が「ミシン機械を入れて、軍需下請工場」になったことも記されていた。潤一さんの遺品の中から、東券番が営業していたとみられる16〜43年に登録された芸妓109人の写真入り名簿が見つかった。東券番があった場所も最近知った。

 広島市郷土資料館(南区)によると、日清戦争(1894〜95年)の軍需景気を受けて旧下柳町一帯に東遊郭ができ、次いで東券番が置かれた。1921年以降、近くに新天地広場(現新天地公園)が開かれ、劇場やカフェなどが軒を連ねた。現在の「流川通り」に面した旧下流川町で米店を営んでいた故清水為吉さんの遺族が保管する写真にも、同じころ撮影された街並みが映る。

 新天地広場での演芸会や、流川通りの祝賀行列には、芸妓や大勢の子どもたちの姿も見え、地域の絆が伝わってくる。しかし、爆心地から1キロ圏の一帯は焼き尽くされた。

 郷土資料館の本田美和子学芸員は「政治や経済と異なり、風俗については被爆前の公的記録がほとんど残っていない。当時の生活や娯楽など、これらの写真から知ることは多い」と話す。(桑島美帆)

 ■このほかの写真はサイトで

 このほかの「流川・薬研堀」のカットや、爆心直下の「旧猿楽町」などの写真を含めて30日にウェブサイト「ヒロシマの空白 街並み再現」で公開します。https://hiroshima75.web.app/

 広島市内の被爆前を捉えた写真を募集中です。中国新聞ヒロシマ平和メディアセンターTel082(236)2801、peacemedia@chugoku-np.co.jp

この記事の写真

  • 東券番の跡地付近を初めて訪れた木村さん。写真を手掛かりに父の足跡をたどっている(撮影・荒木肇)
  • 「〓 木村藝妓連」のちょうちんを掲げ、三味線や小鼓を手にそろいの衣装を着た芸妓たち(1934年ごろ撮影、木村潤造さん提供) 【お断り】〓は「祝」の旧字体ですが、JISコードにないため表示できません。
  • 東券番の芸妓の名簿。109人の記録が残っていた(撮影・藤井康正)
  • 常林寺の向かいにあった「下流川巡査派出所」。完成直後の記念写真とみられる(清水晋さん提供)
  • 新天地広場(当時)で開かれた演芸大会の表彰式とみられる。右端の薬局「永井三盛舎」などの建物は、広場南側に面していた(1934年撮影、清水晋さん提供)
  • 上流川町にあった中国新聞社3階から1945年8月11日撮影の流川地区周辺。中央付近から右上に延びる道が流川通り  (川原四儀さん撮影、原爆資料館提供)
  • 現在の流川通りにあった「清水米店」付近で1943年ごろ実施された消防訓練。窓の鉄格子は、後に戦争末期の金属供出で撤去されたという(清水晋さん提供)
  • 現在の流川通りにあった常林寺前に集まる下流川町の子どもたち。1934年に開かれた皇太子生誕を祝う記念行事(清水晋さん提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ヒロシマの空白 被爆75年の最新記事
一覧