コラム・連載・特集

山波とんど、地域の自慢 尾道の児童、住民から歴史学ぶ【備後を誇る コロナ禍を越えて】

2021/1/20 21:17
山波とんどについて児童に説明する藤本会長(手前)

山波とんどについて児童に説明する藤本会長(手前)

 尾道市山波町の山波小児童が20日、地元の市民俗文化財「山波とんど」について学んだ。とんどは新型コロナウイルスの影響で今年は中止になったが、活動してきた住民から歴史や継承する意義を聞いた。
(ここまで 94文字/記事全文 379文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

備後を誇るの最新記事
一覧