コラム・連載・特集

現場発の治療…決断の日々 県立広島病院・呼吸器センター長 石川暢久医師

2021/1/24

 新型コロナウイルスの感染者が国内で初めて確認されてから1年がたった。長引くコロナ禍に対峙(たいじ)しながら、私たちの暮らしを支えている「命守る人」を追う。

現場発の治療…決断の日々
県立広島病院・呼吸器センター長 石川暢久医師


患者の様子を映すモニターの前でスタッフと打合せをする石川医師患者の様子を映すモニターの前でスタッフと打合せをする石川医師

病室、頻繁には入れない

 表情は苦しくなさそうか。息は荒くないか。ベッドに横たわる患者に、真剣なまなざしを向ける。県立広島病院(広島市南区)の専用病室。呼吸器センター長の石川暢久医師(52)は防護服で身を包み、新型コロナウイルス感染症で急変していないか、神経を研ぎ澄ませて診察する。

 感染対策のため病室には頻繁に入れない。だから病棟の詰め所では、看護師の気付きに耳を傾け、モニターをにらむ。患者の姿が映し出され、血中酸素や心拍数なども分かる。息をつくのは、悪化していた症状が快方に向かう「ピークアウト」を確信した時。「この人はたぶん大丈夫」と少しほっとする。

感染者の病棟のガラス窓に写り込む患者の血中酸素などのデータ感染者の病棟のガラス窓に写り込む患者の血中酸素などのデータ

「東京に劣らぬ治療をと決めた」

 新型コロナには現時点で確立された治療法がない。「そんな病気の人がどんどん増えているというのは恐ろしいこと」と語る。自身も昨夏までは、治療に確信を持てずにいらいらした。だが、難しい病気を治したくて呼吸器内科を選んだはず。手をこまねいてはいられなかった。

 試行錯誤している全国の病院の医師たちと電話やメールで情報交換を繰り返した。どの抗ウイルス薬を選ぶか、炎症を抑えるステロイドをいつ投与するか…。まだ論文になっていない現場発の治療法を吸収。「医者になるとき、広島でも東京に劣らない治療をすると決めましたから」。薬物療法のやり方を院内で共有。重症になりそうな人が良くなっていくようになった。

防護マスクなどを身に着ける部屋の扉を開ける石川医師防護マスクなどを身に着ける部屋の扉を開ける石川医師

災害並みの体制 重い負担

 治療に情熱を傾けながら、コロナ対応の司令塔としては泰然自若としてたじろがない。昨年12月初め、高齢者施設のクラスター(感染者集団)が発生した時も県の要請に応え、異例の15人の同時受け入れを決断した。「うちしか受けられない。頑張るしかないな」と。


 入院患者の累計は約330人で、高齢で持病のあるハイリスクの患者を受け入れる要の一つだ。病院は災害並みの体制を敷き、スタッフの負担も重い。ある病院職員は「石川先生でなかったら、これほどスタッフがまとまらなかったかもしれません」と打ち明ける。

感染患者が入院する専用病棟で防護着をまとって働く看護師たち感染患者が入院する専用病棟で防護着をまとって働く看護師たち
 不安に駆られる患者からの厳しい言葉が胸に刺さり、スタッフから愚痴が漏れることもある。そんなときも真正面から受け止める。「うん、分かった。また、頑張りましょう」。嫌みのないひと言が、職場に安心感を生むという。

 石川医師は「新型コロナの診療を始めてから努めて明るく振る舞ってます」と明かす。職員にはとにかく辞めないでほしいのだという。病院一丸にならなければコロナ禍は乗り切れないと思うから。

 もう1年ほど会食から遠ざかっている。「平穏な日はすぐには来ないでしょう。でも、せめてこの年末には仲間と忘年会くらいはしたいよね」。コロナが収束し、遠慮なく杯を合わせられたら―。その日まで、院内で格闘を続ける。(衣川圭)

救急車から運ばれた患者を応急処置する屋外に設置されたテント救急車から運ばれた患者を応急処置する屋外に設置されたテント

  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

命守る人 コロナ禍の中での最新記事
一覧