コラム・連載・特集

高島俊思(たかしま・しゅんじ) 移住した島の「親」

2021/1/28 8:18
高島俊思さん(元地域おこし協力隊員)

高島俊思さん(元地域おこし協力隊員)

 安芸灘とびしま海道の下蒲刈島(呉市)に移住して6年がたった。周囲では誰一人知る人がいなかった島への夫婦でのIターンは、少し緊張感を持った挑戦だった。移住して早々の4月初め、夕飯時に「ピンポーン」とチャイムの鳴る音が…。玄関を開けると焼酎の一升瓶を持つ地域のおじちゃんだった。そのおじちゃんはお酒が大好きで、地域のこと、奥さまとのなれ初め、お孫さんの話などを冗舌に話した。そんな突撃訪問が週2、3日続き、「ピンポーン」の音に、夫婦で顔を見合わせて苦笑いするようになった。そんな私たちに、おじちゃんは焼酎をぐいっと飲んで「『息子』の家に来るのに事前に連絡することなかろう」と笑った。
(ここまで 290文字/記事全文 833文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧

  • 土本康生(つちもと・やすお) 北風と太陽 (2/28)

     インターネットの通信技術を専門とする私がインターネットに初めて出会ったのは高校を卒業し広島を離れて進学した先の大学だった。今から30年前のことだ。まだ日本には今のようなインターネットは存在せず、一部...

  • 杉川綾(すぎかわ・りょう) 次代のまちを目指して (2/25)

     一般社団法人広島青年会議所は昨年、創立70周年を迎えました。くしくも新型コロナウイルスの世界的流行が重なり、まちづくりに尽力してきた私たちにとっても、多くの制限の中で運動を展開する苦難の1年となりま...

  • 住岡健太(すみおか・けんた) 亡き父からのバトン (2/17)

     私は現在、NPO法人PCV(ピース・カルチャー・ビレッジ)の一員として、広島を訪れる修学旅行生に対して、または広島県内の学校に出向いて平和学習の機会を提供しています。平和記念公園(広島市中区)を巡る...

  • 梶田滋(かじた・しげる) 会計で地域に貢献 (2/14)

     公認会計士と聞いてどのような印象をお持ちでしょうか。大きな業務として会計監査があり、最も一般的なのは上場企業に対する監査業務でしょう。ほかにも信用金庫、信用組合、学校法人、公益法人、農協、社会福祉法...

  • 絹川智紹(きぬがわ・ともあき) 広島で出会った2人 (2/11)

     土地にはその地ならではの力がある。転勤暮らしのたびにそう思う。6か所目の赴任地・広島はきれいな街だと思った。川が幾つも流れ、緑も多い。ただ広島で生活し、人々と話していくうちに見えない力が被爆地の歴史...