コラム・連載・特集

給与振り込みに「〇〇ペイ」?

2021/2/1 6:39

 真冬の外出に助かる、下着に貼るカイロ。主成分が鉄粉につき空港の保安検査ではご注意を―と去年の今頃、小欄で申し上げた。そんな心配もコロナで不要になったが、ちまたの川柳から哀感漂う用途を知る▲〈寒いだろ給料袋にカイロはる〉。誰かは知らぬ、この人は今も現金でもらう主義なのか。日本で給与振り込みが始まって50年以上になる。きっかけは東芝のボーナスが強奪された、あの3億円事件との説が専らだが▲長年、銀行口座が主流の給与振り込みに決済アプリの「〇〇ペイ」を認めるかどうか、国の審議会が検討している。これまた「成長戦略」とやらである▲銀行にとっては懐に手を突っ込まれる一大事だろう。審議会では、決済アプリが破綻した時、預かった給与を全額保護できるのかどうか、早くも議論百出。その一方で、はなから口座を持たない、持てない人の存在も無視できず。〈お小遣いLINEでねだりペイを待つ〉。サラリーマン川柳も時流を映し出す▲退職金を現金でもらい、レジ袋に入れて自転車で持ち帰った大先輩の記者がいた。それを自らビデオに撮り、コンクールで高い評価を受ける。お金と哀歓を共にする世界は遠くなる。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧