コラム・連載・特集

三原駅にアマビエやマスクだるま 住民有志、神明市中止受け【備後を誇る コロナ禍を越えて】

2021/2/11 20:55
市民たち手作りのオリジナルだるまが並ぶブース

市民たち手作りのオリジナルだるまが並ぶブース

 三原市のJR三原駅で11日、住民有志が特産の三原だるまを基に、動物や妖怪の意匠を取り入れたオリジナルのだるまを設置した。新型コロナウイルスの影響で春祭り「三原神明市」(12〜14日)が中止になる中、まちを盛り上げようと企画した。

 1階改札口前に特設ブースを設け、コロナをもじり「コロんでも立ち上がる」とつづった。市民やアーティストたち約100人が1体ずつ制作した、疫病退散の妖怪アマビエや、佐木島のミカンを頭に載せたヒツジ、マスクを着けたデザインのだるまを並べた。

 同駅北側一帯にだるまや植木を売る露店が並んでいた神明市。昨年秋に中止が決まった際、市民団体「ミハラスパイス」が関連イベントを考案。製造元の三原だるま保存育成会の未着色のだるまを買い、知り合いを通じて制作を依頼した。

 28日まで展示する。同団体の渡辺一康会長(45)は「伝統を踏まえつつ、これまでにない作品がそろった。コロナの収束まで地域を元気づける象徴になってほしい」と話している。(政綱宜規) 

【関連記事】

新婚さん、三原にいらっしゃい 市、家賃など補助へ

三原市、国保税1人当たり6179円引き下げ 3年ぶり大幅減額

道の駅でだるま供養 三原神明市の代替催し

木原道路、3月14日開通 尾道―三原、国道2号バイパス

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

備後を誇るの最新記事
一覧