コラム・連載・特集

第4回【JR可部線の旧田之尻駅】 流域支えた鉄路 余韻今も (広島県安芸太田町)

2021/2/16 9:58


 広島県安芸太田町加計の町から太田川沿いを車で下流へ10分余り。津浪(つなみ)洞門のカーブを抜けると、右手の川向こうに小箱のような建物が見える。橋を渡ってみた。「たのしり」と書かれた地域の案内柱が立ち、こけむしたホームが建物の脇に延びていた。
(ここまで 119文字/記事全文 244文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

太田川 恵みと営みの最新記事
一覧