議会watch

代表質問 19日の詳報

広島県議会2021/2/20 9:56

 【城戸常太氏(自民党広志会・つばさ、呉市)】

 ●病院船の誘致

 新型コロナウイルスをきっかけに、国は海上で医療活動をする「病院船」の導入を検討している。災害で陸上交通が断たれた場合でも、被災地へ迅速に到着でき、輸送や医療支援の総合拠点となる。県内に誘致すれば、医療関連産業の集積を進める上での核になる。積極的に取り組むべきだ。

 佐伯安史商工労働局長 病院船については国が、感染症や大規模災害が発生した際の医療提供手段の一つとして、活用を検討している。県内でも2018年の西日本豪雨で陸路が寸断された時に、救援・生活物資の供給や通院が難しい患者向けとして船舶を活用した例がある。

 ただ、現時点では運営方法や費用負担、地域の産業振興につながるかどうかなどが不透明だ。引き続き国の検討状況を注視する。

 【石津正啓氏(公明党、福山市)】

 ●行政のデジタル化の推進

 全ての人に優しいユニバーサルデザインの理念に立ったデジタル化社会の実現に向け、どのように取り組んでいくのか。県庁のデジタル化も待ったなしだ。2023年度までの行政手続きのオンライン化に向け、目標は定めてあるのか。

 山田仁副知事 機器の操作が苦手な人を含む全ての県民にとって分かりやすいサービスの提供や、どこに住んでいても利用できる環境整備を進める。誰一人取り残さないデジタル社会の実現を目指す。

 行政サービスを県民にとって便利な形にするためには、さまざまな手続きのオンライン化が重要だ。県庁が自ら率先する必要があるのに、20年度は96%がしていなかった。23年度末までに原則、全ての行政手続きのオンライン化を目指す。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

広島県議会の最新記事
一覧

  • 一般質問 26日の詳報 (2/27)

     【畑石顕司氏(自民議連、広島市東区)】 ●高校再編の全体像 広島県教委は、今後の県の高校教育の全体像を示す必要がある。2020年度に生まれた子どもが高校生になる36年度には、約4千人の生徒が減少する...

  • 一般質問 25日の詳報 (2/26)

     【竹原哲氏(自民議連、広島市安佐南区)】 ●中山間地域のデジタル技術活用の推進 県は、市町を支援し、地域社会のデジタル化を推進している。中山間地域でデジタル技術を活用してこれまでの生活に変革をもたら...

  • 一般質問 24日の詳報 (2/25)

     【日下美香氏(公明党議員団、広島市中区)】 ●わたしらしい生き方応援プランひろしま 県は第5次男女共同参画基本計画の名称を変え、男女の区別をなくした。人々の意識変革に、どう対応しようとしているのか。...

  • 一般質問 22日の詳報 (2/23)

     【三好良治氏(自民議連、福山市)】 ●在籍型出向への支援 新型コロナウイルスの影響で、一時的に余剰人員がいる企業と人材を求める企業をつなぐ在籍型出向制度の活用が求められている。だが小規模な事業者の動...

  • 代表質問 19日の詳報 (2/20)

     【城戸常太氏(自民党広志会・つばさ、呉市)】 ●病院船の誘致 新型コロナウイルスをきっかけに、国は海上で医療活動をする「病院船」の導入を検討している。災害で陸上交通が断たれた場合でも、被災地へ迅速に...