コラム・連載・特集

始めよう顔の筋トレ マスクの下、気になるたるみ・しわ

2021/2/20

始めよう顔の筋トレ マスクの下、気になるたるみ・しわ


 
 マスクを外した顔を鏡で見て「たるんだ?」「しわが増えたな」と感じている人はいませんか。マスクを着けて1日の大半を過ごす「マスク生活」が始まって1年余り。顔の変化は気のせいではないかもしれない。広島市西区の表情筋改善インストラクター江口智子さん(51)に、顔の筋肉トレーニングの仕方を教わった。(二井理江)

【頰を引き締める】

@右側の口角を上げて右目を閉じる

A右の頰を意識しながら5秒間静止する

B左側も同じように動かす


【口元を鍛える】

@唇をすぼめて前に突き出して5秒間静止する

A唇を口の内側に巻き込み、唇の両端を外側に引いて5秒間静止する


【顎のラインをすっきりさせる】

@背筋を伸ばして、顔を天井に向ける

A喉の奥から舌をできる限り伸ばす

Bそのまま5秒間静止する

※首が痛い場合は、前を向いたままでもいい


【上まぶたに張りを持たせる】

@眉を上げて目を見開き、5秒間静止する

A眉は上げたままで目を閉じて5秒間静止する


1日5〜10回ずつ目安

 「頬骨から下の肌が、以前より硬くなっていませんか」と江口さんは問い掛ける。人との交流が少なくなって笑ったり大声を出したりする機会が減るとともに、表情の変化が乏しくなっている。マスクがずれるのが気になって、話す際の口の動きも小さくなりがちだ。顔の筋肉を使わなくなることで、しなやかさが失われているという。

▽「顔が変わったね」と驚かれる人も
(ここまで 605文字/記事全文 1045文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

特集の最新記事
一覧