コラム・連載・特集

杉川綾(すぎかわ・りょう) 次代のまちを目指して

2021/2/25 8:26
杉川綾さん(広島青年会議所理事長)

杉川綾さん(広島青年会議所理事長)

 一般社団法人広島青年会議所は昨年、創立70周年を迎えました。くしくも新型コロナウイルスの世界的流行が重なり、まちづくりに尽力してきた私たちにとっても、多くの制限の中で運動を展開する苦難の1年となりました。
(ここまで 103文字/記事全文 815文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧

  • 大下徳也(おおしも・とくや) 作家への転業 (4/16)

     私が作家に転業した契機はバブル崩壊である。広島市中区で建築設計事務所を営んでいた1997(平成9)年、土地と株価が暴落。銀行から中堅ゼネコンその他に至る全業種が倒産の危機に見舞われた。当社もビルやマ...

  • 齋藤拓也(さいとう・たくや) 事業承継の現場から (4/15)

     「事業承継」という言葉にどんなイメージを持ちますか。経済産業省の出先機関で国家公務員として働いていた私は昨年、中四国地方を中心に合併・買収(M&A)や事業承継の支援を行うクレジオ・パートナーズ(広島...

  • 吉宗誠也(よしむね・せいや) ふるさとが私の原動力 (4/14)

     私は広島県世羅町で花の観光農園を経営しています。春は桜に始まり5月は満開のチューリップ、夏はヒマワリ、秋はダリアを丘一面に咲かせ、お客さまをお迎えしています。おかげさまで現在は町内に主役の花が異なる...

  • 清水浩司(しみず・こうじ) 「赤の継承」の舞台裏 (4/11)

     今年1月、広島東洋カープの前監督・緒方孝市さんの書籍「赤の継承 カープ三連覇の軌跡」(光文社刊)が出版された。私はこの本の取材・構成を担当したが、オファーをもらってすぐ「この本の制作にはどうしても関...

  • 宇根幸治(うね・ゆきはる) 療育と出合い45年 (4/9)

     発達障害という言葉は、社会的に周知されてきました。自閉症スペクトラムとか注意欠如・多動障害などと呼ばれる疾患です。保育園では、疑われる子どもたちが5、6人に1人いると言われます。こうした子や家族に対...