コラム・連載・特集

サンフレ開幕

2021/2/27 6:00

 聞いたことのない「一館一国運動」が30年前、広島で始まった。アジア競技大会に出場する国を公民館単位で割り当てて地域ぐるみで応援した。なじみのない国でも不思議と交流が生まれ、今も活動を続けるグループもある▲息の長いつながりを築くため、それを手本にしたいようだ。サンフレッチェ広島が、県内に23ある各市町の広報・応援大使として、選手を張り付ける構想を練っている。仙田信吾社長がきのう、ラジオで明かしていた▲もちろん目標は、しばらく遠ざかっているリーグ優勝だ。きょうの開幕戦の相手はベガルタ仙台。東日本大震災から10年の節目を迎え、チームを挙げて被災地のために戦う決意を新たにしている。油断はできない▲10年前と同じカードでの開幕戦。前回は互いに譲らず引き分けた6日後、東北の大地が揺れた。仙台はしばらく負けなしの進撃を続け、被災者を勇気づけた。当時の監督が今季再び指揮を執るのは何かの巡り合わせか▲スポーツに元気をもらったのなら広島も負けてはいない。原爆投下の2年後、高校生のサッカー大会で県チームが全国制覇した。球春到来は間近。コロナ禍で縮こまった心をきっと活気づけてくれる。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧