コラム・連載・特集

福長弘志(ふくなが・ひろし) 廃虚の村

2021/3/4 7:42
福長弘志さん(画家・一般社団法人二紀会委員)

福長弘志さん(画家・一般社団法人二紀会委員)

 皆さんはフランス中部にあるオラドゥール・シュル・グラーヌという廃虚の村をご存じでしょうか。12年前に何も知らずに訪れた私は、目前に現れた絶望的な光景に衝撃を受け、その後に描く絵の画風が以前とは全く変わってしまったのです。
(ここまで 111文字/記事全文 851文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧

  • 手塚淳三(てづか・じゅんぞう) 書店の魅力(魔力?) (4/23)

     「書店を見るとその地域の文化度がわかる」と言うそうだ。当社は1931年に尾道市で書店を創業して今年で90周年を迎えた。曽祖父と祖父が創業して私で4代目。子どもの頃から私の周りにはいつもたくさんの本が...

  • 園田直紀(そのだ・なおき) 人財、人罪 (4/22)

     今の職に就いて33年、防衛大学校も含めれば、はや40年近い年月が過ぎたことになる。若い頃は海上自衛隊の飛行機乗りとして、華やかな航空会社への未練と、屈強な男たちと航空機に乗り込むことへの違和感をほん...

  • 林美和(はやし・みわ) こうの史代さんとの縁  (4/21)

     私は2010年、博物館学芸員として呉市の大和ミュージアムに着任しました。開館5周年を迎えたタイミングでした。

  • 大下徳也(おおしも・とくや) 作家への転業 (4/16)

     私が作家に転業した契機はバブル崩壊である。広島市中区で建築設計事務所を営んでいた1997(平成9)年、土地と株価が暴落。銀行から中堅ゼネコンその他に至る全業種が倒産の危機に見舞われた。当社もビルやマ...

  • 齋藤拓也(さいとう・たくや) 事業承継の現場から (4/15)

     「事業承継」という言葉にどんなイメージを持ちますか。経済産業省の出先機関で国家公務員として働いていた私は昨年、中四国地方を中心に合併・買収(M&A)や事業承継の支援を行うクレジオ・パートナーズ(広島...