コラム・連載・特集

【写真ルポ】東日本大震災10年 岩手編 

2021/3/9

 東北地方を中心に壊滅的な被害を出した東日本大震災から11日で10年になる。震災発生の直後、津波に襲われた岩手、宮城両県の被災地4市に入り、街の惨状や避難所で支え合う被災者の姿をカメラに収めた。「遠くの私たちも忘れまい」と、震災翌年にも訪ねた地。節目を前に再訪した。さまざまな思いを胸に復興への長い道のりを歩む人々に出会い、災害を後世に伝えようとするいまを見つめた。(宮原滋)
【写真ルポ】宮城編はこちら

【陸前高田市】「一本松」の脇 そびえる防波堤


 
陸前高田市沿岸の広田湾沿いにぐるりと築かれた防潮堤。中央手前には、復興のシンボル「奇跡の一本松」のレプリカが立つ陸前高田市沿岸の広田湾沿いにぐるりと築かれた防潮堤。中央手前には、復興のシンボル「奇跡の一本松」のレプリカが立つ


 「奇跡の一本松」で全国に知られた陸前高田市。震災直後の取材で、津波に全てをさらわれた光景に立ち尽くした。高台の中学校の避難所では老若男女が肩を寄せ、連絡の取れない肉親や知人の無事を願いながら支え合っていた。

復興のシンボルとなった「奇跡の一本松」その姿に被災地は勇気づけられた(2012年3月10日)復興のシンボルとなった「奇跡の一本松」その姿に被災地は勇気づけられた(2012年3月10日)

高田松原に植えられた松の苗木。「一本松」の種から育ったものや、全国から寄せられた若木が育つ高田松原に植えられた松の苗木。「一本松」の種から育ったものや、全国から寄せられた若木が育つ

 10年たった陸前高田は、大規模なかさ上げで新しい幹線道路が延び、宅地も造成されていた。広田湾を望む海岸は高田松原津波復興祈念公園として整備が急ピッチで進む。景勝地だった高田松原の白浜沿いには、高さ12・5メートルの防潮堤が約2キロに渡って築かれた。地元ではかつての松原を復活させようと「一本松」の種から苗木を育てて白浜に植える取り組みが続く。計画では光市など全国からの苗木も含めて約4万本で緑を広げる。

避難した時手に持ったものは花のポット2個。家に戻っていたら命はなかったと大内さん。震災後、撮り直した家族写真を大切にする避難した時手に持ったものは花のポット2個。家に戻っていたら命はなかったと大内さん。震災後、撮り直した家族写真を大切にする

 仮設住宅で7年暮らした大内多希子さん(79)に再会した。震災翌年に話をうかがって以来。あの日、夫の正典さん(2013年死去)と高台へ車で避難し、直後にわが家は津波にのまれた。間一髪で助かったのは荷物を取りに戻らなかったから。大内さんが手にしていたのは花のポット2個。自宅へ戻った人は皆、亡くなった。「一緒に逃げていれば」と悔やむ。

津波で壊滅的な被害を受けた陸前高田市。自然豊かな町と暮らしが一瞬で消えた(2011年3月16日)津波で壊滅的な被害を受けた陸前高田市。自然豊かな町と暮らしが一瞬で消えた(2011年3月16日)

多くの被災者が避難した陸前高田市の第一中。それぞれ悲しみを抱えながらも住民同士で助け合った(2011年3月18日)多くの被災者が避難した陸前高田市の第一中。それぞれ悲しみを抱えながらも住民同士で助け合った(2011年3月18日)

 17年まで暮らした仮設住宅での生活は楽しい事もたくさんあった。「顔見知りが一緒だから、つらくなかった」と振り返る。震災の年の11月、孫の七五三に合わせて一緒にめかし込んで撮った家族写真が宝物だ。息子家族と高台で暮らし、孫も高校生になった。失われた思い出を紡ぎ直す大切な日々。「みんなに支えてもらったから返さないとねえ」と笑顔で先を見据える。

 高田の地域コミュニティー活動に取り組む「マルゴト陸前高田」の代表、伊藤雅人さん(38)は長年、被災体験を語る中で感じてきた。「苦しみや悲しみを伝えるだけでは人の心に残らない」。楽しい場所、人と人がつながる町を目指して力を注ぐつもりだ。

町の本当の復興は「子供たちが未来に挑戦出来るコミュニティ作りが必要」と活動するマルゴト陸前高田の伊藤雅人さん町の本当の復興は「子供たちが未来に挑戦出来るコミュニティ作りが必要」と活動するマルゴト陸前高田の伊藤雅人さん

【大船渡市赤崎町下蛸ノ浦】コンクリート壁の入り江「波や風が感じられない」

 三陸海岸沿いの港町に建設された防潮堤は港の風景を一変させた。大船渡市赤崎町下蛸ノ浦。入り江を囲むようにコンクリート壁がそびえる。地元の漁業者たちは「波や風を感じられないが仕方ねー」と複雑な表情だ。4日、大船渡魚市場に春を告げるイサダの水揚げが始まった。厳しい冬をまた越して、港町の復興のつち音は続いている。

津波を防ぐため港を囲む防潮堤。漁師たちは海の変化を感じる事ができなくなった=小型無人機から津波を防ぐため港を囲む防潮堤。漁師たちは海の変化を感じる事ができなくなった=小型無人機から

被災した大船渡市赤崎の港。小さな港町の入り江は静寂しかなかった(2011年3月17日)被災した大船渡市赤崎の港。小さな港町の入り江は静寂しかなかった(2011年3月17日)

「イサダ」を満載した漁船が帰港し、水揚げが始まる「イサダ」を満載した漁船が帰港し、水揚げが始まる(4日)

 【写真ルポ】宮城編はこちら

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

特集の最新記事
一覧