コラム・連載・特集

デニム3産地がタッグ 縫製関連産業「いとへん」、オンラインでも展示会【備後を誇る コロナ禍を越えて】第2部 営み紡いで<2>

2021/3/9 22:24
オンライン展示会に向けて話し合う戸板取締役(左)、青木社長(中)、猪野取締役

オンライン展示会に向けて話し合う戸板取締役(左)、青木社長(中)、猪野取締役

 全国屈指のデニム産地である福山、井原、倉敷市の官民が、新型コロナウイルス禍をきっかけに初めてタッグを組んだ。「コロナがなくても少子化の中でアパレルは厳しい。収束後を見据えた挑戦でもある」。染色業の山陽染工(福山市一文字町)の戸板一平取締役の言葉に決意がにじむ。
(ここまで 131文字/記事全文 1241文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

備後を誇るの最新記事
一覧