コラム・連載・特集

ドラフラのさらなる試練

2021/3/10 6:45

 にやりとした受験生も少なくあるまい。広島県の公立高入試で国語の出題文に、なじんだ名字がずらずら出てくる。鈴木に西川、松山、森下、島内、坂倉…。どれも広島東洋カープの選手名だった▲こんな仕掛けができるのも、プロスポーツ球団に恵まれている土地ならではだろう。カープにサンフレッチェ広島、広島ドラゴンフライズ…。女子プロリーグに加わるサンフレッチェ広島レジーナも今週、旗揚げした。少年少女の夢が膨らんでいく▲だのに、水を差す不始末である。ドラフラの主力で米国籍の選手が薬物に手を染めていたという。その背中に憧れ、喉をからしてきた子どもらの瞳にどう映っていることか▲スポーツは可能性を開き、伸ばしてくれる。チーム単位の球技では、仲間の顔色も見て意思を通わせ、時には励ます姿勢が培われる。楽しみながらコミュニケーション力のつく体験学習として昨今、期待が高いと聞く▲プロ選手こそ、その進化形であり道しるべにほかなるまい。プレーは言うに及ばず、山あり谷ありの競技人生、諦めない強さも人々を引きつける。黒星先行のドラフラが、さらなる試練の壁をどう乗り越えるのか。誰もが見つめている。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧