炎の鉄板2

ピリ辛「三次唐麺焼」 お好み焼・鉄板焼・肴・酒 ひろ輝【広島市中区】 炎の鉄板U

2021/3/16 21:00


お好み焼・鉄板焼・肴・酒 ひろ輝【広島市中区】  ピリ辛「三次唐麺焼」


三次唐麺焼 うま味たっぷりの肉と野菜にピリッとした辛みが絶妙のおいしさ三次唐麺焼。うま味たっぷりの肉と野菜にピリッとした辛みが絶妙のおいしさ

 お好み焼きが中心の鉄板料理店です。店主の原拓輝さんが薦めるのは、唐辛子を練り込んだ生麺と辛口ソースで作るお好み焼き「三次唐麺(からめん)焼」です。

 唐麺焼は三次商工会議所青年部が2012年に立ち上げた「三次唐麺焼プロジェクト」で誕生。店で提供するには三次市の業者が製造する指定の麺とソースを使うのが条件です。麺は江草商店の唐麺で、ソースは毛利醸造のカープソース辛口。これらをベースに各店は独自の味を提供しています。

「生地や麺などを重ねる食材は、それだけで食べてもおいしいように仕上げています」と原さん「生地や麺などを重ねる食材は、それだけで食べてもおいしいように仕上げています」と原さん

 ひろ輝では麺の味と食感を工夫。ゆでた唐麺にしょうゆなどで味付けした特製の豚骨スープを絡ませ、外側をラードでパリッと焼き上げます。麺の辛さを直接味わえるよう、卵は薄焼きにして覆わず、目玉焼きにします。仕上げは辛口ソース。じっくり蒸した肉と野菜のうま味にピリッとした辛みが絶妙のおいしさです。
 
 広島県北の出身で、以前は広島市内の酒店で働いていた原さん。お好み焼きを主力に、県北の地酒なども楽しめる店にしようと05年に開業しました。客層は子どもから大人まで幅広く、最近は外国人も訪れるそう。「地元の味をどんどん広めていきたい」と原さんは力を込めます。(津田慎介)

 

客層は幅広い客層は幅広い

 
地酒もそろう店内地酒もそろう店内

<おすすめメニュー>
三次唐麺焼 869円
ひろ輝メキシカン 1386円
ひろ輝とろとろ焼き 1166円
三次産原木しいたけバター 759円
広島産小河原たまごの鉄板だし巻きたまご 605円
生ビール 495円〜

<あつあつウラ話>


 取材は平日の夕方。開店前で、のれんを外しているにもかかわらず年輩男性がふらりと現れ、店主と世間話。「ここうまいけえ、ええがに書いてや」と言って去りました。その後も別の人が予約に立ち寄り、また世間話。そんな地域に愛されている店でした。

<メモ>
店名/お好み焼・鉄板焼・肴・酒 ひろ輝
所在地/広島市中区十日市町2の6の11
営業時間/午後6時〜午前1時。日曜は午前11時半〜午後11時 
定休日/水曜、第2木曜
Tel082(232)8893
※新型コロナウイルス感染症の影響で営業時間などが変わる場合もあります。



#炎の鉄板2・生麺
#炎の鉄板2・ぱりぱり
#炎の鉄板2・ソース辛め
#炎の鉄板2・広島市中区

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

炎の鉄板2の最新記事
一覧