コラム・連載・特集

決別 金権政治

県議7人、前知事を追及 4人は現金を複数回受領【決別 金権政治】<第5部・あしき慣習>(3)

2021/3/15 22:55
克行から計50万円を受領したと公判で証言した砂原(右)。記者の問いかけにはほぼ無言を貫いた

克行から計50万円を受領したと公判で証言した砂原(右)。記者の問いかけにはほぼ無言を貫いた

 「15年ほどたって、色あせたんだろうな。意識が甘かったということだ」

 2005年に発覚した前広島県知事、故藤田雄山の後援会不正事件で県議会が揺れていた頃、現職だった元県議が思いを巡らせた。
(ここまで 95文字/記事全文 1251文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

決別 金権政治の最新記事
一覧

  •  2019年夏の参院選で河井克行、案里夫妻が100人に計2901万円を配ったとされる買収事件では、選挙に絡んだお金のやり取りが浮き彫りとなりました。令和の時代も変わらない「金権選挙」。皆さんの地域でも耳にしたこと、目にしたことはありませんか。体験、情報、意見をぜひお寄せください。(中国新聞「決別 金権政治」取材班)

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください

    専用フォーム

    こちらから投稿ください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班

    ファクス

    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班
    082-236-2321

 あなたにおすすめの記事