コラム・連載・特集

聖火リレーとパンドラの箱

2021/3/26 6:40

 全知全能の神ゼウスが主役のギリシャ神話で、脇役ながらプロメテウスの存在感は抜群だ。何しろ天上界の火をこっそり人間に分け与えたのだから。彼がいなかったら、今日のさまざまな文明は生まれず、近代五輪も聖火リレーも始まらなかった▲怒ったゼウスはパンドラを地上に送り込む。彼女がつい、禁を破って箱を開けると、ありとあらゆる厄災が飛び散っていった。災害、飢え、貧困、戦争、感染症…。10年前、大地は揺れに揺れ、原子の火は制御を失う▲その福島原発について前首相が「状況はコントロールされている」と大見えを切って東京五輪を誘致すれば、後継首相も「五輪は人類が新型コロナに打ち勝った証しだ」と。まるで開催にこぎつければ、災いは再び封じ込められると言わんばかり▲せっかくなら五輪を盛り上げたい。でもウイルスとの闘いに終わりが見えないのが現実である。ワクチンにしても、五輪までの4カ月でいったい国民の何割に接種できるだろう。トップの言葉は勇まし過ぎやしないか▲パンドラがふたをすぐ閉めたため、箱の中には「エルピス」が残ったとされる。それは「希望」とも「つらい未来の予知」とも解釈されるそうだ。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧