2021・4・25参院広島再選挙

共産広島県委、フリーアナ宮口氏を支援 独自候補立てず【再選挙4・25参院広島】

4・25参院広島再選挙2021/3/28 23:14

 河井案里元参院議員の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙(4月8日告示、25日投開票)で、共産党広島県委員会は28日、候補者を出さず、無所属新人でフリーアナウンサーの宮口治子氏(45)=立憲民主、国民民主、社民推薦=を支援すると明らかにした。

 衆院広島2、3、5区での野党勢力の共闘を支援している市民連合が広島市中区で開いた集会で、共産党県委員会の村上昭二委員長が宮口氏の支援を明言した。憲法の擁護や社会保障制度の充実など、宮口氏が市民連合と結んだ政策協定の内容を踏まえて判断し、党本部の了解も得たという。

 再選挙にはほかに、自民党新人で元経済産業省官僚の西田英範氏(39)=公明推薦、NHK受信料を支払わない方法を教える党新人で党職員の山本貴平氏(46)、無所属新人で元会社員の大山宏氏(72)、無所属新人で介護ヘルパーの佐藤周一氏(45)が立候補を表明している。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

4・25参院広島再選挙の最新記事
一覧