コラム・連載・特集

母姉の無事念じ奮闘 課せられた士気高揚【ヒロシマの空白】口伝隊1945年8月<中>

2021/4/5 22:53
朝日新聞西部本社版1945年8月10日付。「女子報道班員/広島市内にて」の写真(上)を載せ、粟屋仙吉市長の「戦災死」も報じている(朝日新聞社提供)

朝日新聞西部本社版1945年8月10日付。「女子報道班員/広島市内にて」の写真(上)を載せ、粟屋仙吉市長の「戦災死」も報じている(朝日新聞社提供)

 27歳。八島ナツヱさんは必死の思いで広島市へ入り、中国新聞社に向かって歩いた。「家族の安否」を何より確かめたかった。被爆者健康手帳の交付申請書に付けていた手記は、上流川町(現中区胡町)にあった社での生々しいやりとりを残す。本社全焼の翌8月7日には十数人がいた。

 「『行っても無駄だ』と言われたが、平塚町の家に行った。防火水槽を目標に道を頭の中で復元しながらたどりついた」。現在の中区西平塚町に母ミ子(ね)さん=当時(66)=たちと住んでいた。「念入りに探してみたが/死体がなかった。『母は生きている』と確信し、やっと勇気がでてきて、また中国新聞にひき返した」

 県は7日、知事告諭を出して、今も南区に立つ陸軍被服支廠(ししょう)や、古田国民学校(現西区)などに「救護所開設シアリ」とビラで伝える。救援活動は大混乱のうちに始まり、宇品港そばにあって甚大な被害を免れた陸軍船舶司令部が直後から出動して指揮を執った。

 自身は「『紙がないから、声の新聞を出そう』」と表した口伝(くでん)隊員となり、壊滅の市内をトラックで回る。「ニュースを伝え」ながら、母や姉で女子商教諭の光江さん=同(31)=を捜した。母が比治山(現南区)にいるのは分かった。

 ▽掲載された写真
(ここまで 527文字/記事全文 1324文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ヒロシマの空白の最新記事
一覧