コラム・連載・特集

決別 金権政治

運動費上限4700万8200円 参院広島再選挙【決別 金権政治】

2021/4/7 22:55

 河井案里元参院議員(47)=公選法違反罪で有罪確定=の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙(8日告示、25日投開票)で広島県選管は7日、選挙運動費用の上限額を4700万8200円と公表した。告示後の選挙運動の費用に上限額を定めることで「金権選挙」を防ぎ、候補者の公平性を確保する狙い。

 上限額は公選法に基づき、選挙区である県内の7日現在の有権者数などを基に算出。選挙カーと候補者本人の交通費、供託金などを除く選挙運動費用が対象で、各候補者の出納責任者が選挙後15日以内に収支報告書を県選管に提出する。

 ポスター作成など一部の選挙運動の費用は公費で負担される。いずれも限度額があり、ポスター作成が158万1294円(限度枚数1万6302枚)、ビラ作成が107万9200円(同19万枚)などとなっている。車上運動員への報酬(1人当たり上限1日1万5千円)や事務所費などは公費負担の対象外となる。

 上限額を超えると、出納責任者が「3年以下の禁錮または50万円以下の罰金」などに科され、連座制の適用で候補者も当選無効になる。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

決別 金権政治の最新記事
一覧

  •  2019年夏の参院選で河井克行、案里夫妻が100人に計2901万円を配ったとされる買収事件では、選挙に絡んだお金のやり取りが浮き彫りとなりました。令和の時代も変わらない「金権選挙」。皆さんの地域でも耳にしたこと、目にしたことはありませんか。体験、情報、意見をぜひお寄せください。(中国新聞「決別 金権政治」取材班)

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください

    専用フォーム

    こちらから投稿ください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班

    ファクス

    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班
    082-236-2321

 あなたにおすすめの記事