コラム・連載・特集

【図】石丸伸二市長と市議会のやりとりの要旨

2021/4/9

石丸市長と市議会

2020年9月25日

市長
ツイート

いびきをかいて居眠りする議員が1名。緊張感が足りないという証左なのか。

2020年10月1日

市長
ツイート

議会から異例の呼び出し。数名から「議会の批判をするな」「選挙前に騒ぐな」「敵に回すなら政策に反対するぞ」と説得? どう喝?あり

市議会

そうした趣旨の発言はあった。脅すような言い方ではなかった。(山本優前議長)

2020年10月20日

市議会

優しい言葉で議会の現状を伝えたつもり。言葉足らずで誤解を生んだ。(どう喝したとされる市議)

市長
全員協議会

政策をしっかり見ていこうという同志がいるとの認識に改める。

2020年10月30日

市長
回答書受領

私はどう喝されたと思っている。この回答書は意味をなさない。

市議会
記者会見で

議会が市長に対立姿勢を示したことはない。困惑している。(山本優前議長)

2020年12月2日

市議会
取材に

市長とは就任後、じっくり話ができていない。意見交換し、関係をつくりたい。(宍戸邦夫議長)

2021年1月19日

市長
全員協議会

(議会側が市長報告の一部を認めないことを巡り)都合が悪いことは聞かない議会と相対することはできない。信頼関係が損なわれた。

市議会
取材に

議会の総意として受けないと決めた。(宍戸議長)

市長
ツイッター

この議会のゆがみは看過できない。正常化するまで一般質問などには応じられない。

2021年1月29日

市議会
取材に

市長と対立するつもりはない。市民を代表しての質問には、当然答えてもらえると信じている。(宍戸議長)

2021年2月26日

市長
記者会見

対話意思のある6人の質問にだけ答える。

市議会
取材に

議員によって差をつけるのはあり得ない。(宍戸議長)

2021年3月1日

市長
文書配布

6人以外について「希望があれば個別に面談の機会を設ける」

市議会

回答なし。

市長
取材に

対話する姿勢を示してきたつもり。受けないという意思表示が明確になった。

2021年3月4日

市長
本会議

(対話の意思を示さなかった議員の質問に)
後ほど文書で回答する。必要があれば情報開示する。
(閉会後、報道陣に)
対話をしないという人に語っても意味がない。
(傍聴席の市民に対し)
私は「対話をしましょう」とずっと言ってきた。考えられる最善を尽くしている。

市議会
取材に

執行部が対応を検討するための冷却期間が必要。(宍戸議長)

2021年3月5日

市議会
本会議

(副市長人事を巡り議会への事前報告がなかったことに)議会軽視ではないか。(議員の1人)

市長
本会議

全く当たらない。最大限宣伝し、一斉に情報公開する戦略だった。

2021年3月10日

市議会
本会議

どんな人か分からず、責任が持てない。市の財政事情は厳しい。選考内容が不透明。市民への周知不足。(2人目の副市長人事に反対の議員)

市長
取材に

荒唐無稽。事前に本人によるプレゼンを提案したのに、議会は断った。開いた口がふさがらない。財政が苦しいからと否決するのは後出しじゃんけん。意味の分からない理由で反対されてしまったので、再提案については白紙。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

特集の最新記事
一覧