コラム・連載・特集

大下徳也(おおしも・とくや) 作家への転業

2021/4/16 9:01
大下徳也さん(作家・日本ペンクラブ会員)

大下徳也さん(作家・日本ペンクラブ会員)

 私が作家に転業した契機はバブル崩壊である。広島市中区で建築設計事務所を営んでいた1997(平成9)年、土地と株価が暴落。銀行から中堅ゼネコンその他に至る全業種が倒産の危機に見舞われた。当社もビルやマンションなど計画が全てキャンセルされ、先行きの見通しが立たなくなった。やれやれ、暇つぶしに小説でも書いてみるかと思ったが、興味を引くテーマが見つからなかった。
(ここまで 179文字/記事全文 841文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧