2021・4・25参院広島再選挙

野党系の宮口氏・自民の西田氏なお横一線 参院広島再選挙、25日投開票

4・25参院広島再選挙2021/4/23 23:03

 河井案里元参院議員の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙が25日、投開票される。空席の1議席を争ってきた新人6人のうち、諸派でフリーアナウンサーの宮口治子氏(45)=立憲民主、国民民主、社民推薦=と、自民党で元経済産業省官僚の西田英範氏(39)=公明推薦=が横一線のまま、選挙戦の最終盤を迎えた。

 広島県内で国政選挙の再選挙は初めて。2019年7月の参院選広島選挙区で、自民党から初当選した案里氏と、夫で元党衆院議員(広島3区)の克行被告が公選法違反罪に問われた大規模買収事件に端を発した。「政治とカネ」の問題や政治への信頼の回復策、全国で感染が広がる新型コロナウイルスへの対応などが主な争点となっている。

 「政治とカネ」双方が触れてきた…
(ここまで 321文字/記事全文 828文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

4・25参院広島再選挙の最新記事
一覧