コラム・連載・特集

広島商がコールド勝ち【高校野球春季広島大会】

2021/4/25 16:18
【三次―広島商】一回、先制三塁打を放つ広島商の中下主将

【三次―広島商】一回、先制三塁打を放つ広島商の中下主将

 【春季広島県高校野球大会1回戦 広島商8―1三次】(25日、みよし運動公園)

 2年前の春季大会王者(昨春は中止)の広島商が、11安打を放って七回コールド勝ちした。

 3番の中下舜也主将が2長打を含む3安打の活躍。一回には先制三塁打、3―1の四回にも2点三塁打を放った。優勝した昨夏の県大会にも出場した中軸。「昨年の3年生が残してくれた財産がある。自分の打撃でチームを救おうと心掛けた」と力強かった。

 2年ぶりの夏の甲子園に向けて弾みをつける大会。ライバル校を問われ、「やっぱり(センバツに出た)新庄を倒したい」と眼光を鋭くした。

 三次・鷲尾泰史監督の話 「中盤から後半にかけて捕まえる野球をいつもしていたので、(序盤は)慌ててはいなかった。(守備の堅さなど)小さな差が、多きな差になることがよく分かった試合だった」

この記事の写真

  • 【三次―広島商】三次の先発今田
  • 【三次―広島商】ベンチで荒谷監督(手前左)の指示を聞く広島商ナイン
  • 【三次―広島商】三回の適時打で生還する三次の伊藤
  • 【三次―広島商】七回コールド負けし、ベンチに引き上げる三次ナイン

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 戦績の最新記事
一覧