コラム・連載・特集

山陽や如水館がベスト8【高校野球春季広島大会】

2021/4/25 23:18
【呉港―英数学館】呉港の先発尾崎

【呉港―英数学館】呉港の先発尾崎

 春季広島県高校野球大会第3日は25日、三次市のみよし運動公園などで1、2回戦の6試合があった。広島商と安芸府中が1回戦を突破。山陽、呉港、尾道、如水館が2回戦を勝ち上がり8強入りした。第4日の5月1日は県営球場などで2回戦4試合がある。

 ▽コールドで発進 前回王者の広島商

 2年前の王者(昨年は中止)広島商は三次に8―1でコールド勝ちし、初戦突破した。荒谷監督は「当然優勝を目指す。(戦い方など)試す余裕はない」と一戦必勝の構えだ。

 3―1の四回、中下主将の2点三塁打などで3点を奪い優位に進めた。スタメンは2年生が5人。3安打4打点の中下主将は「後輩は多いが、学年は関係なく競争し合って勝利につなげたい」と力を込めた。
(ここまで 311文字/記事全文 311文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 【呉港―英数学館】英数学館の先発津島
  • 【呉港―英数学館】七回、勝ち越しの本塁を踏む呉港の田中
  • 【呉港―英数学館】好守に盛り上がる英数学館ナイン
  • 【誠之館―如水館】誠之館の先発藤岡
  • 攻撃前に円陣を組んで気合を入れる誠之館ナイン
  • 【誠之館―如水館】三回に適時打を放つ如水館の堀越
  • 【誠之館―如水館】三回、堀越の適時打で生還する如水館の永田(左)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 戦績の最新記事
一覧