コラム・連載・特集

参院広島、宮口氏が当選 「金権」決別の第一歩に

2021/4/26 6:03

 カネまみれ選挙がはびこる広島県―。そんな汚名への怒りを有権者が示したと言えよう。

 おととしの参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、有罪判決が確定した河井案里氏の当選無効に伴う再選挙が、きのう投開票された。諸派の政治団体「結集ひろしま」新人のフリーアナウンサー宮口治子氏が、初当選を果たした。

 選挙戦は、自民党新人で公明党推薦の元経済産業省官僚の西田英範氏との事実上の与野党一騎打ちとなった。基礎票で連立与党に水をあけられているにもかかわらず、立憲民主、国民民主、社民の野党3党推薦の宮口氏が、西田氏に競り勝った。金権政治への憤りが広がり、得票の追い風になったのだろう。

 今回の再選挙は、菅義偉首相の就任後初の国政選挙だった。参院長野選挙区と衆院北海道2区の両補選も含め、三つの選挙全てで与党が敗北した。

 政治とカネの問題に加え、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ政府の対策に不手際が目立ったことなども響いていよう。政府・与党は、示された民意を重く受け止めねばならない。

 参院広島の再選挙で問われたのは、カネまみれ選挙からどう脱するかだった。案里氏は離党したが、買収事件の責任は自民党にもある…。そんな宮口氏の訴えは分かりやすかった。

 一方、西田氏は途中から政治改革を進める覚悟を示し始めた。応援演説の自民党議員らも「問題の議員は離党した。悪い部分は取り除いた」と党刷新を訴えたが、カネまみれ選挙で傷ついた党のイメージはなかなか回復できなかった。

 「悪い部分」が全てなくなったわけではないからだろう。県連の反対を押し切って案里氏を立候補させ、積極的に支援したのは当時の党総裁で首相の安倍晋三氏や、官房長官だった菅義偉氏らである。幹部が事件の責任を何も取らないのでは、信頼回復も党改革も進むまい。

 党本部が案里氏の陣営に渡した1億5千万円の問題も残っている。当時の党現職の10倍に当たる大金をなぜ提供したのか。何に使ったのか。党本部はいまだに説明を尽くしていない。

 政治とカネは、河井夫妻に限った問題ではない。今回の衆院北海道2区の補選にも影響している。同区の自民党現職だった吉川貴盛氏に、農相時代の贈収賄疑惑が出て議員を辞めた。金権政治が争点になるのを恐れたためか、党本部は後継候補を立てることさえできなかった。

 先日は、菅原一秀・前経済産業相が選挙区内の行事で祝儀や会費の名目で現金を配った疑いも浮上した。カジノを巡る贈収賄事件をはじめ、政治とカネの問題は後を絶たない。金権政治は党の体質だと疑われても仕方あるまい。根本的な対応が急がれるのに、自覚を欠いている。

 与党に緊張感が乏しいのは野党にも責任がある。敵失に助けられた面もある今回の3国政選全勝だが、近づく衆院選に向け緊密な協力が求められよう。巨大与党と対峙(たいじ)できる力を付けてこそ、政治とカネの問題をただす道が開けるのではないか。

 買収事件の教訓をどう生かすのか、自民党県連も問われている。違法なカネを受け取った地方議員の居座りを許すのか。金権政治と決別するには、一歩踏み出すことが必要である。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社説の最新記事
一覧