コラム・連載・特集

西条農や新庄ベスト8【高校野球春季広島大会】

2021/5/1 20:38

 春季広島県高校野球大会第4日は1日、呉市の鶴岡一人記念球場などで2回戦4試合があり、西条農、新庄、広陵、広島商が8強入りを決めた。第5日の2日は県営球場などで準々決勝4試合がある。

 ▽積極走塁で快勝 西条農

 昨秋3位の西条農は高陽東にコールド勝ちした。夏の大会のシード権を獲得し、三浦監督は「大事な一戦。足を絡めることができた」とうなずいた。

 積極的な走塁で相手を揺さぶり、10安打9得点。2投手の継投で相手打線を2安打に封じ、隙を与えなかった。捕手で4安打1打点1盗塁の1番福井は「自分の役割を果たせた。次も精いっぱい西条農らしい野球を見せたい」と誓った。
(ここまで 280文字/記事全文 280文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 戦績の最新記事
一覧