コラム・連載・特集

新庄が3年ぶり優勝、呉港を破る【高校野球春季広島大会】

2021/5/9 14:47
【新庄―呉港】四回、新庄2死一塁、平田が先制の右越え三塁打を放つ(9日午前10時38分、撮影・田中慎二)

【新庄―呉港】四回、新庄2死一塁、平田が先制の右越え三塁打を放つ(9日午前10時38分、撮影・田中慎二)

【春季広島県高校野球大会決勝 新庄7―2呉港】(9日、みよし運動公園野球場)

 昨秋の中国地区王者で選抜大会に出場した新庄が呉港を破り、3年ぶり3度目の優勝を果たした。

 新庄は投打がかみ合った。1―1の六回、平田龍輝、瀬尾秀太の連続適時打で2点を勝ち越し。八回には5長短打を集めて4点を加え、突き放した。先発西井拓大、五回から救援した秋山恭平の好投で4安打2失点に抑え込んだ。

 呉港は準決勝まで全4試合で完投した下手投げの尾崎元が8回11安打7失点。打線は四回に河辺健太の同点打、八回に河野海七太のソロ本塁打で意地を見せたが、54年ぶりの優勝に届かなかった。

 新庄の監督、選手のコメント

 呉港の監督、選手のコメント

この記事の写真

  • 【新庄―呉港】四回、新庄2死一塁、平田の右越え三塁打で生還する一塁走者の西井=左から2人目(9日午前10時38分、撮影・田中慎二)
  • 【新庄―呉港】先発した呉港の尾崎
  • 【新庄―呉港】先発した新庄の西井
  • 【新庄―呉港】四回、新庄2死一、三塁、大可の右前への飛球をダイビングキャッチする呉港の河辺
  • 【新庄―呉港】四回、呉港1死二塁、河辺の右前適時打で生還する二塁走者の河野力(右)。捕手北田
  • 【新庄―呉港】四回、同点に追いつき、生還した河野力(5)を笑顔で迎える呉港ナイン
  • 【新庄―呉港】2番手で登板し好投する新庄の秋山
  • 【新庄―呉港】八回、新庄無死三塁、西井の右前適時打で生還する三塁走者の北田(左)。捕手秋吉
  • 【新庄―呉港】4安打の活躍をした平田
  • 【新庄―呉港】3年ぶりに優勝し笑顔であいさつに向かう新庄ナイン

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 戦績の最新記事
一覧