コラム・連載・特集

呉港の監督、選手のコメント【高校野球春季広島大会】

2021/5/9 14:45
【新庄―呉港】四回、同点に追いつき、生還した河野力(5)を笑顔で迎える呉港ナイン

【新庄―呉港】四回、同点に追いつき、生還した河野力(5)を笑顔で迎える呉港ナイン

 25年ぶりに準優勝した呉港の監督、選手のコメントは次の通り。

 片岡新之介監督(2019年冬に就任し、初めて指揮した春季大会で大健闘)「しっかりした野球ができるようになってきた。新庄とはゲーム運びに差があり、(6盗塁と)機動力でも揺さぶられた。対走者のところは夏に向けての課題になる」

 河野海七太主将(八回、新庄の秋山恭平からソロを放つ)「直球を狙い打った。点差も開いていたので何とかチームを勢い付けたかった。新庄は強かった。主将としてナインの先頭に立って古豪復活を果たしたい」

 尾崎元(先発し、五回まで1失点と粘るが終盤につかまる)「下手投げということもあり、1〜2巡目は相手打線を詰まらせることができた。ただ3巡目以降はミート力のある新庄打線にやられた。優勝して中国大会に行きたかったが、自信をつけることができた大会だった」
(ここまで 362文字/記事全文 392文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 戦績の最新記事
一覧