コラム・連載・特集

「投」の新庄、「打」の如水館 春季広島県高校野球、広陵・広島商は高い総合力

2021/5/13 11:09
3年ぶりに春季広島県高校野球大会を制し、笑顔でベンチに向かう新庄ナイン(撮影・田中慎二)

3年ぶりに春季広島県高校野球大会を制し、笑顔でベンチに向かう新庄ナイン(撮影・田中慎二)

 9日まで行われた春季広島県高校野球大会は、新庄の優勝で幕を閉じた。ベスト8進出校には第103回全国高校選手権広島大会のシード権が与えられ、今春再編された地区割りでは全4地区で2校ずつが獲得する結果となった。夏の甲子園出場争いに名乗りを上げる8校の顔ぶれを、データを基に紹介する。
(ここまで 140文字/記事全文 595文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 話題の最新記事
一覧