コラム・連載・特集

決別 金権政治

相次ぐ「政治とカネ」事件、深刻64% 中国新聞社・ヤフー有権者3000人調査<2>【決別 金権政治】

2021/5/25 19:32

◆目次◆
<1>自民党の説明責任、45%が問題視
<2>相次ぐ「政治とカネ」事件、深刻64%
<3>衆院選、重視する政策1位は「経済対策」
<4>調査方法と回答者の居住地


 自民党で「政治とカネ」を巡る事件が後を絶たない。鶏卵生産大手から現金を受け取ったとして元閣僚が収賄罪で在宅起訴され、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件では衆院議員が収賄などの罪で起訴された。

 この状況について64・3%が「深刻と思う」と回答。「まあまあ深刻と思う」(24・5%)と合わせ、9割近くが深刻に受け止めている。

【問】カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業や、鶏卵生産大手グループを巡る汚職事件で衆院議員が逮捕、元閣僚が在宅起訴されるなど、自民党では「政治とカネ」の事件が相次いでいます。事件が後を絶たない現状をどう思いますか。

【問】前の設問について、なぜそう思いますか。あなたの考えを自由に書いて下さい。

【「政治とカネ」は深刻な状況】

◆政権与党が再発防止策もないまま、時間がたつのを待っているような感じがする(山梨県、40代男性)


◆政権交代が起こらず、与党安泰が長く続くので緊張感がなくなっている(宮城県、50代男性)

◆党全体で、他人のふり見てわがふり直せの意識がなく、たるんでいる(東京都、20代女性)

◆政治には金がかかるという認識が当然のことのように受け止められている(兵庫県、70代男性)

◆昔からあるから、なあなあになっているのかもしれないが、それが深刻だと思う(埼玉県、40代女性)

◆金で政治が曲げられるのは問題で、金を持っているものが得をする世の中になる(福井県、50代男性)

◆政治は国民のためと言いながら、自分たちの利益が1番という考えが最近目につく(神奈川県、40代女性)

◆野党でも政治と金の問題は切り離せない。政治に金がかかり過ぎるのがいけない(神奈川県・70代男性)

◆ずっとなくならないのは法律や体制、モラルに問題がある(東京都・40代女性)

→他の意見はこちら

▽「政治家の資質低下」「国会全体のモラル低下」各2割

 自民党で「政治とカネ」の問題が続発する最大の要因については、「政治家個人の資質低下」が22・5%でトップ。「国会全体のモラル低下」(20・6%)、「自民党の自浄能力低下」(18・2%)と続いた。

【問】自民党で「政治とカネ」の問題が続発する最大の要因をどう考えていますか。最も当てはまるものを一つ選択してください。

▽「政治家、クリーンではない」57%

 政治家がお金に対してクリーンだと思うかの問いには、「多くの政治家はクリーンではない」が57・4%と過半数を占め、「クリーンではない」と合わせて85・5%に上った。

【問】政治家はお金に対してクリーンだと思いますか。

▽政党交付金制度「見直し必要」8割近く

 政治家が特定の企業や団体と癒着するのを防ぐため、国は1995年以降、企業や団体からの政治献金に制限を設ける代わりに各政党に政党交付金(国民1人当たりの負担額は年間250円)を出している。大規模買収事件では、党本部から河井夫妻側に提供された1億5千万円のうち1億2千万円が政党交付金だった。

 政党交付金の制度を「知っている」と答えたのは54・8%、「知らない」は44・0%。制度の見直しは「必要だ」が78・5%に上り、「必要ない」の11・9%を大きく上回った。

【問】下記の記事を参考にして設問に回答してください。
【記事】政党交付金、自民は170億円 9年連続首位(中国新聞デジタル)
政党が特定の企業や団体と癒着するのを防ぐため、国は1995年以降、企業や団体からの政治献金に制限を設ける代わりに各政党に政党交付金(国民1人当たりの負担額は年間250円)を出しています。この政党交付金の制度を知っていますか。


【問】政党交付金の見直しが必要と思いますか。

 現状では、政党が政党交付金を政治家個人に提供した場合、その政治家には使途報告の義務がないほか、政治家が代表を務める政党支部が依然として企業・団体献金を受領できるなどの問題点が指摘されている。

 見直しの内容を尋ねると「政治家個人にも使途報告を義務化する」(24・3%)、「第三者がチェックし、総額を減らすべきだ」(21・5%)、「政党交付金の不正の厳罰化」(20・8%)が2割を超えた。「企業・団体献金の禁止」は15・9%だった。

【問】政党交付金にはどのような見直しが必要ですか。当てはまるものをすべて選択してください。

◆目次◆
<1>自民党の説明責任、45%が問題視
<2>相次ぐ「政治とカネ」事件、深刻64%
<3>衆院選、重視する政策1位は「経済対策」
<4>調査方法と回答者の居住地

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

決別 金権政治の最新記事
一覧

  •  2019年夏の参院選で河井克行、案里夫妻が100人に計2901万円を配ったとされる買収事件では、選挙に絡んだお金のやり取りが浮き彫りとなりました。令和の時代も変わらない「金権選挙」。皆さんの地域でも耳にしたこと、目にしたことはありませんか。体験、情報、意見をぜひお寄せください。(中国新聞「決別 金権政治」取材班)

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください

    専用フォーム

    こちらから投稿ください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班

    ファクス

    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班
    082-236-2321

 あなたにおすすめの記事